中古トラック買取の流れ

「売却したいと考えているトラックがある」という方は、
「どういった流れで、トラックの買取りは進められるのだろう?」と思っている方も多いと思います。
多くの方は、トラックの買取りをするのがはじめてでしょうから、
「どのくらい時間がかかるのだろう?」「どういった流れで進められるのだろう?」と不安を感じている方もいるでしょう。

 

では、中古トラック買取時の流れについて、ご紹介しましょう。
中古トラックを買取してもらう際には、
「まずは、業者の人に直接トラックを見てもらうしかないだろう」と思っている方も多いと思いますが、
今ではインターネットからの一括査定を利用する方がほとんど。
インターネット上では、様々な中古トラック買取専門サイトがあり、
これらのサイトを利用することで簡単に所有しているトラックの査定相場を知ることが出来ます。
 
一度に、数社へ依頼することも出来ますから、
どこの業者が高い査定額をつけてくれるのかなども、すぐに判断することが出来ますよ。
「この業者に、依頼したい」と思う買取専門店が見つかれば、
次は実際にトラックを見て、本査定を行うことになります。
本査定の際には、トラックを持ち込む方法と出張査定などを利用することも出来ます。
買取専門店によっては、対応エリアが異なるため、
事前にチェックしておくことが必要。
本査定をし、査定額に納得がいけば、そこで契約を行うことになり、
トラックの引き渡しを行い、その後買取り額が支払われることになります。

一般的には、契約成立後1週間程度で、指定口座に振り込まれることになります。

 

中古トラックを買取してもらう際には、こういった流れで進められることになります。
「急いで、買取をしてもらいたい」という方は、
事前に書類などを揃えておくとよりスムーズに手続きを進められますよ。

委任状について

中古トラックを買取してもらう際には、様々な書類の提出が必要となります。
そのため、「すぐにでも、買取をしてもらいたい」と考えている方の場合には、
事前にこれらの書類などを準備しておくことがおすすめ。
事前に書類が揃っていれば、
契約成立後もスムーズに手続きを進めることが出来ますからね。

 

では、中古トラック買取時に必要となる書類のひとつ、
委任状についてご紹介しましょう。
委任状とはどういった書類になるかというと、
陸運局で手続きを行う際、
トラック所有者に代わり買取専門店のスタッフなどが行う際に必要となる書類となります。
買取専門店を利用する場合には、
ほとんどが買取専門店のスタッフが行うことになりますから、委任状が必要となります。
もちろん、「手続きは、自分で行う」という場合には、必要のない書類となります。
「委任状って、どういったものを作成したら良いのだろう?」と思われる方も多いと思いますが、
多くは買取専門店で用意してもらえる書類となりますから、必要部分に署名や捺印を行えばOK。
委任状に押す印鑑は、実印であることが必要となり、
印鑑証明書と違う印鑑を押している場合には、
無効となってしまいますから注意が必要となります。

 

中古トラック買取後には、「全ての手続きは業者の人に任せたい」と考えている方が多いでしょうから、
その際にはこういった委任状という書類が必要となります。
買取専門店では、事前に委任状などを準備していますから、
分からない場合にはスタッフの方に確認しながら記載していきましょう。
中古トラックのことならこのサイトで